月別アーカイブ: 2021年3月

なぜ副業はすぐ挫折するのか?

副業が挫折する人は、きちんと計画を立てていない人が多いことに気づきます。
時間をどのように使うのか?を考えるにあたって、そもそも無理な計画を立てている人が少なくありません。
時間とお金は似ています。
家計も会計でもお金が出たり入ったりするときには、計画を立てるのが普通です。
それとおなじことで、時間もまずどういう時間の使い方を副業でするのか?
計画を立てるべきです。
たとえばどんな副業でもあるい程度軌道に乗る軌道に乗るまでに時間がどれだけ必要なのか?
ある人は1000時間といっていた
ある日とは3000時k何必要だといっていた。
あなたの今のスキルや人脈ならどれ狂い時間が必要だと考えますか?
5000時間?
なら一日sどれくらいそのい副業に時間を避けますか?
1日はみんな24時間しかありません。
もともとボーっとしている時間など無いわけですから、副業に割ける時間を捻出するために今やっているjことの何かを諦めなければなりません。
今の生活をそのまま続けて何時間を確保できるのか?
ここで大切なのは「西域」を作らないことです・
「子育て?」
「家事?」
そんなことを言い訳にしていては副業に割り当てる時間は作れません。
時間がねkれ羽工夫が生まれます。
家事をしながら
子育てをしながら
どうやって副業の作業ができるか?
それを考えなければいけません。

副業に必要な時間の取り方は「自分自身にアポイントをとる」というやり方です。
家にいる自分自身にアポイントを取るのです。
仕事の時と同じように手帳に
「◎月◎日 △時▽分~□時◇分 副業の作業の種類」と書き込んでおくのです。
そこにはできるかぎり他の用事は入れませんし、できるだけ変更してはいけません。
まあ、副業だから
そんな甘い考えだからいつまで経っても稼げないのです。
副業であろうが専業であロ言うがお金を稼ぐのはいつも真剣勝負なのです・
そこに優先順位や優劣はありません。
この日にはこれをやる
そう決めたのならばなにがなんでもやらなければいけないのです。
それをなにかしらの言い訳を見つけるから副業で挫折するのです。

ノアンデ すそわきが

意外に銀行員に多いのがこの副業です

実は銀行員がやっている副業で多いのが「大家業」つまり不動産投資です。
これは
・銀行員は転勤が多い
のもその理由のひとつです。
せっかく購入したマイホームでも異動や転勤でそこに住めなくなってしまうことが多いのです。
その時に持ち家を売却してしまう場合もありまsyが今の時代は昔と違って値上がりして売却はまず見込めません。
また銀行の異動の辞令は期間の短い場合も多く、とりあえずその期間は「人に貸して家賃収入を得る」というケースが多いのです。
これをリロケーションといわれています。
いわゆる一般的な不動産投資とは少し趣が異なりますが「気が付けば大家さん」というケースも多いのです。
これがきっかけで不動産投資に目覚めて次々と物件を増やしていく方もいます。

■融資の仕組みを理解しているのが銀行員の強み
株やFX
これらは紙幣や株券を一応目に見える形にはなっていますがmそれはあくまでもその価値を示すものでありただの記号ともいえます。
しかし不動産は現実に存在するものです。
それゆえにまた難しい面もあるのです。

不動産投資のひとつの指標として【表面利回り】というものがあります。
これは「年間の家賃収入」÷「購入価格」で算出します。
今の市場ではなかなか10%以上という物件はありません。ですので大きなリターンは短期的には見込めないのです。
井尾王株やFXは相場や銘柄にもよりますが、あっというまに2倍3倍というケースもよくあります。
リスク面から考えればリターンは少ないけれどリスクは少ない
それが副業としての不動産投資の魅力かもしれません。

そうきくと
「わたしも副業として不動産投資をやってみたい」
そう考える方も多いと思います。

■プロの銀行員でも甘いささやきでやられた方続出
実は融資に強い銀行員であってももはや副業のレベルを超えた不動産投資で首が回らなくなっている方も少なくないのです。
最初は恐る恐る始めた不動産投資
金額もさほど大きな物ではないでしょう。
すると毎月安定的な収入が入ってくることを実感した多くの方が一気にあ癖r津を踏んだ状態へと突っ走るのです。

少しでも保有物件のあるオーナーさんにはたくさんの不動産業者や金融機関がすりよってきます。
「こんなオイシイ物件がありますよ」
「うちが融資しますんでバンバン買ってください!
そんな甘い誘いに日頃は逆の立場で顧客にすすめているのに、いざ自分が逆の立場になるとコロッと忘れてしまうのです。
すると身の丈をはるかに超えた規模の不動産投資をしてしまうのです。
そんな時にちょっとした事故でもあるともう返済不可能になってしまうのです。
どんな投資でもリスクは少なからずあります。
家賃が下がった?
金利が上がった?
主要テナントが退去した?
そんなささいな状況の変化に耐えれない方も多いのです。
カイポケ 料金