ヒアルロン酸とヒアルロン酸が摂れる食品って!?

ヒアルロン酸は、グリコサミノグリカンの一種で、様々な治療などに利用されています。
身近な所で言えば、関節炎の治療薬や、化粧品の保湿成分として使用されています。
また、ヒアルロン酸に過酸化水素水をまぜ合わせたものは、がんの放射線治療の増感剤として使用されていますし
白内障や角膜移植手術の時に使用する、前房保持剤としても使用されています。
その他にも、ヒアルロン酸の粘性や保水力に注目すると、シャボン玉液にヒアルロン酸入りの化粧水を利用したものもあります。
シャボン玉液にヒアルロン酸入りの化粧水を利用することによって、非常に割れにくいシャボン玉になり
軍手や毛糸の手袋などを着用することによって、シャボン玉を弾ませることができます。
また、学術名を「ヒアルロナン」といい、分子量が非常に高分子量で、その数は100万以上になるとも言われています。
そして、ヒアルロン酸は、既存添加物として厚生労働省に認められているので、非常に安全性が高いものだといえるでしょう。
体内で言えば、関節や皮膚、脳、眼球などに多く含まれており、非常に重要や役割を担っています。
ヒアルロン酸は、体内の様々な所で重要な役割を果たしていますが
年齢を重ねていくと減少していってしまうので、体外から摂取をしなければいけなくなってしまいます。
ヒアルロン酸が減少してしまうと、美容面だけではなく健康面でも影響が出てしまいます。
美容面でいうと肌の潤いが失われてしまいますし、健康面でいうと体の節々が痛み出してしまいます。
そんな事態を避けるためにも、ヒアルロン酸を摂取しなければいけないのですが
ヒアルロン酸が配合されている化粧水などでは、肌のヒアルロン酸しか補えませんし
かといって、定期的に施術を受けてヒアルロン酸を注入してもらうのも大変ですよね。
そこで、食べ物でヒアルロン酸を摂取出来れば、一番簡単で楽にヒアルロン酸を補うことができます。
ですが、ヒアルロン酸を多く含む食べ物は、鶏皮や豚足、魚の目玉や鶏のトサカなどです。
こういったものを日常的に摂取するのは不可能に近いですよね。
しかも、ヒアルロン酸は非常に高分子な成分なので、そのまま食べても体内にはほとんど吸収されません。
なので、食べ物でヒアルロン酸を摂取することは、ほぼ不可能です。
ビハキュア 販売店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です