意外に銀行員に多いのがこの副業です

実は銀行員がやっている副業で多いのが「大家業」つまり不動産投資です。
これは
・銀行員は転勤が多い
のもその理由のひとつです。
せっかく購入したマイホームでも異動や転勤でそこに住めなくなってしまうことが多いのです。
その時に持ち家を売却してしまう場合もありまsyが今の時代は昔と違って値上がりして売却はまず見込めません。
また銀行の異動の辞令は期間の短い場合も多く、とりあえずその期間は「人に貸して家賃収入を得る」というケースが多いのです。
これをリロケーションといわれています。
いわゆる一般的な不動産投資とは少し趣が異なりますが「気が付けば大家さん」というケースも多いのです。
これがきっかけで不動産投資に目覚めて次々と物件を増やしていく方もいます。

■融資の仕組みを理解しているのが銀行員の強み
株やFX
これらは紙幣や株券を一応目に見える形にはなっていますがmそれはあくまでもその価値を示すものでありただの記号ともいえます。
しかし不動産は現実に存在するものです。
それゆえにまた難しい面もあるのです。

不動産投資のひとつの指標として【表面利回り】というものがあります。
これは「年間の家賃収入」÷「購入価格」で算出します。
今の市場ではなかなか10%以上という物件はありません。ですので大きなリターンは短期的には見込めないのです。
井尾王株やFXは相場や銘柄にもよりますが、あっというまに2倍3倍というケースもよくあります。
リスク面から考えればリターンは少ないけれどリスクは少ない
それが副業としての不動産投資の魅力かもしれません。

そうきくと
「わたしも副業として不動産投資をやってみたい」
そう考える方も多いと思います。

■プロの銀行員でも甘いささやきでやられた方続出
実は融資に強い銀行員であってももはや副業のレベルを超えた不動産投資で首が回らなくなっている方も少なくないのです。
最初は恐る恐る始めた不動産投資
金額もさほど大きな物ではないでしょう。
すると毎月安定的な収入が入ってくることを実感した多くの方が一気にあ癖r津を踏んだ状態へと突っ走るのです。
介護 パジャマ おしゃれ 可愛い

少しでも保有物件のあるオーナーさんにはたくさんの不動産業者や金融機関がすりよってきます。
「こんなオイシイ物件がありますよ」
「うちが融資しますんでバンバン買ってください!
そんな甘い誘いに日頃は逆の立場で顧客にすすめているのに、いざ自分が逆の立場になるとコロッと忘れてしまうのです。
すると身の丈をはるかに超えた規模の不動産投資をしてしまうのです。
そんな時にちょっとした事故でもあるともう返済不可能になってしまうのです。
どんな投資でもリスクは少なからずあります。
家賃が下がった?
金利が上がった?
主要テナントが退去した?
そんなささいな状況の変化に耐えれない方も多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です